Mac専用ドライバー(Fusion Laser)

ホーム > 製品一覧 > オプションアクセサリー > Mac専用ドライバー(Fusion Laser)
Epilog Mac用ドライバー
Macドライバー

Epilog Laserで初めてのmac用ドライバーが
リリース!

今まで、Epilog Laserのレーザー用ドライバーはwindows用のみでしたが、この度Fusion用のMac対応ドライバーがリリースされました。

エピログレーザーからFusion用のMac対応ドライバーをご紹介することができ、私達も大変うれしく思います。
「レーザー加工機はMacに対応していますか?」などの質問はとても多く寄せられます。デザイナー(クリエイター)の中では、いまだにMacユーザーが大半を占めていますので、私たちもMac用のドライバーの発表を心待ちにしておりました。
Macユーザーの方々にも喜んでいただければ幸んでいただけることでしょう。

まだFusion用のみ対応ですが、今後は他機種にも対応できればと思っています。

イラストレーターのデータも
簡単にレーザー加工機に送信!

Macコンピューターからダイレクトにレーザー加工機にデータを送信することが可能になりました。
イラストレーターで作成したデータを簡単にレーザー加工できます。
米国のEpilog Laser社ではMacPCを使用したFusion32またはFusion40での加工動画がアップされました。

Mac Driverの紹介

Mac Driverの紹介

Mac Driverを使用してFusion Laserでレーザー加工

fusionシリーズ用のmac driverのご紹介です。
お持ちのMacPCからダイレクトにレーザー加工が行えます。
Adobe Illustratorで作成したイメージをドライバーに送信します。
プリンター感覚ですのでとても簡単です。
左の動画を是非ご覧ください、彫刻&切断方法の流れをご確認いただけます。

Mac Driverの使い方/iPod Tuchに加工

Mac Driverの使い方/iPod Tuchに加工

こちらの動画はiPod Touchに加工するデモンストレーションです。
Mac Driverからデータの送信、FusionLaserでの加工、完成までの流れです。
現在のWindowsコンピューターではなく、
普段使いなれているお持ちのMacからのデータ送信が可能になりました。
レーザー加工機メーカーで初めてmacに対応したドライバーを
ユーザー様にご提供する事ができて大変うれしく思います。

iPad AirにMac DriverからFusion Laserでレーザー加工

iPad AirにMac DriverからFusion Laserでレーザー加工

お気に入りの写真をMacDriverを使用しiPad Airに簡単にスピーディーに彫刻します。(Fusion Laser) Adobe illustratorで作成したデザインをドライバーにダイレクトに送信します。
特別な技術やWindowsPCも必要ありません。
シンプルなデザイン、プリント、レーザー、それがEpilog Fusionのレーザーシステムです。

エピログレーザー・レーザーライフ社の製品情報

メールでのお問い合わせ・お見積り・カタログ請求

(C) 2012 Laser Connect CORP.