レーザー加工の種類

レーザー加工とは、レーザー光を集束してエネルギーを利用し対象物に切断や彫刻をすることです。
プンリンターからデータを送信するだけで誰でも加工が可能になります。

レーザー加工の種類は大きく分けて3種類になります。彫刻とは素材を深く削り、その凸凹による立体感を生かす加工。 切断とはくり抜く・切り離すなど、 素材を完全に断ち切る加工。マーキングとは頑強な素材などを浅く削り、文字や模様を表現する加工のこと。

レーザー彫刻

エピログレーザーで最大1200dpiの高解像度の加工が可能に!

レーザー彫刻

レーザー彫刻

エピログレーザーは最大1200dpiの高解像度の加工が可能に!

レーザーカット(切断)

エピログレーザーなら、アクリル・紙・革・木など様々な素材を切断することができます。

レーザー彫刻

レーザーカット(切断)

エピログレーザーなら、アクリル・紙・革・木など様々な素材を切断することができます。

レーザーマーキング

エピログのファイバーレーザーなら金属、プラスチックにマーキングすることができます。

レーザー彫刻

レーザーマーキング

エピログのファイバーレーザーなら金属、プラスチックにマーキングすることができます。

(C) 2012 Laser Connect CORP.