パソコン入れ替えについての注意事項

Epilog社製レーザー加工機の場合 LASER LIFE社製レーザー加工機の場合

Epilog社製レーザー加工機の場合

PCスペックについて
  • Windows7/8/10(windows XPはOSサポート終了の為非推奨)
    ※Fusion機種のみMacPC対応
  • CPU2.0GHz以上 推奨
  • メモリ2GB以上 推奨
  • HDDCドライブに40GB以上の空が必要
  • DVDドライブ 推奨(多くのソフトウェアのインストールに必要です)
 ※作図ソフトウェアが問題なく動作するものを選択して下さい。
Fusionカメラ使用の場合
  • CPU i5以上必須(第4世代以降推奨)
  • メモリ 4.0GHz以上推奨
  • HDD Cドライブに40GB以上の空きが必要
  • グラフィックボード OpenGL3.1以上必須
レーザー加工機とパソコン接続についてのご注意

LANポート 10/100ネットワークインターフェースカード 必要
有線LANによる接続が推奨です。 USBケーブルでの接続も可能ですが、ポート不明のトラブル等を避ける為、非推奨。無線LANでの接続は不可。(無線LANルーターから有線LANでの接続は可能。無線LAN設定についてはユーザー様で行って下さい)


※Fusionカメラ使用の場合
LANポート ギガビットネットワークインターフェースカード必須
ルーター ギガビット対応ルーター必須

Windows XP からWindows7/8/10への変更について
作図ソフトウェア(コーレルドロー/イラストレーター等)が対応していない場合がございます。作図ソフトウェアバージョンのOS対応についてはそれぞれのメーカーへご確認下さい。
参考サイト

LASER LIFE社製レーザー加工機の場合

PCスペックについて
  • Windows7/8/10(windows XP はOSサポート終了の為非推奨)
  • 32Bit OS 推奨(64Bitソフトウェアはベータ版となります。)
  • CPU 2.0GHz以上 推奨
  • メモリ 2GB以上 推奨
  • HDD Cドライブに40GB以上の空が必要
  • DVDドライブ 推奨(多くのソフトウェアのインストールに必要です)
 ※作図ソフトウェアが問題なく動作するものを選択して下さい。
レーザー加工機とパソコン接続についてのご注意
※レーザー加工機への出力だけで最大3ヶ所のUSBポートが必要になります。
 USBハブによる増設ポートでの使用は出来無い為、事前に確認して下さい。
①レーザー加工機用出力USBポート1ヶ所(2.0 または3.0)
※レーザー加工機側接続形状は「RC232C」です。RC232ポートがある場合
またはPCI / エクスプレスカード等での増設をする場合には不要です。
②EZ-CAM(専用データ出力ソフト)用USBポート1ヶ所(2.0または3.0)
③CCDカメラオプション使用USBポート 1ヶ所(2.0のみ対応可能)
Windows XP からWindows7/8/10への変更時には。
作図ソフトウェア(コーレルドロー/AutoCAD等)が対応していない場合がございます。
作図ソフトウェアバージョンのOS対応についてはそれぞれのメーカーへご確認下さい。
参考サイト